­

不動産を管理させる

1.不動産管理をさせる

現在、ご所有の不動産を自主管理で賃貸しているオーナー様、又、将来的に予定がある方。ぜひ1度、ご自身のみのお力で「不動産経営」をなさってください。家主としての充実感で充たされる反面、様々な困難、トラブルに悩まされるでしょう。不動産経営は、素人が全てを切り盛りするには、まだまだ敷居が高いのです。そこで、わからない部分、解決できないトラブル、家賃滞納等を、代行してプロに任せえる。それが「不動産管理」なのです。

「空室を出さない入居者募集」
「入居者とのトラブルを回避」
「清掃やメンテナンスによる建物の性能や美観の維持」


いずれも適切な管理によって可能にできることであり、賃貸経営を成功させるための必要条件といえます。管理の質は専門的な知識や経験によって大きく左右されるので、ノウハウやシステムを豊富に蓄えた不動産管理会社の力を借りると安心です。大切な資産である賃貸物件を守り、賃貸経営を効率的に進めるために、オーナー様は、管理業務の内容や管理システムの質をおさえ、不動産経営のパートナーともいえる不動産管理会社の正しい選び方を、知る必要があります。

【家主業で関わる不動産会社の種類】

賃貸経営を行う際に付き合う会社といえば、まず最初に仲介会社を思い浮かべる方が多いと思います。仲介会社とは、オーナーと入居希望者とを結ぶ会社のことです。オーナー様から依頼を受けて入居者募集を行い、入居希望者の審査や連帯保証人のチェックなどを経て、賃貸借契約をまとめます。

しかし賃貸経営には、建物の日常的なメンテナンスや入居者からのクレーム処理のほか、退去時には敷金の精算、原状回復工事など、さまざまな仕事が生じてきます。これらを引き受けるのが、賃貸管理会社です。そして、ここでいう賃貸管理会社とは、単に清掃や建物設備の維持管理を請け負う業者ではなく、賃貸経営全般を通して、いかに収益が上がるかを提案する業者と定義付けられます。

賃貸管理会社が行う業務は、大きくは「建物管理」と「入居者管理」とに分けられます。建物管理には、廊下や階段などの共用部分を日常的に清掃する、清掃業務があります。また建物や設備機器の保守・点検業務も、建物管理業務に分類されます。外壁の塗り替え、設備の取り替え、さらには建て替えなどについて長期的な計画を立て、資金計画についてもアドバイスをします。空室がある場合には、次の入居者が入るまで定期的に換気や清掃を行うのも、建物管理の仕事の一つとなっています。入居率を高めるためには日常的に建物をチェックし、プロのノウハウを駆使して計画的に建物を管理する事が必要になってきます。

入居者管理は、賃料や募集計画について検討し、入居者募集、賃貸借契約の締結などを行ないます。さらに家賃の徴収、メンテナンス費用となる共益費の管理、入居者や周辺住民からの騒音やゴミ処理などに関するクレーム対応、契約の更新手続き、退去時の立ち会いや敷金返還などをこなします。これらの業務をプロ集団に委託することにより、オーナー様は家賃の滞納や各種のクレームから回避され、トラブルの少ない賃貸経営が可能となるわけです。

つまり、オーナー様から見て不動産会社というのは、大きく2つに分かれます。

仲介会社・・・・・・・・・入居者斡旋・賃貸借契約締結
不動産管理会社・・・仲介会社の業務+建物管理+入居者管理

エステートサービスも、不動産管理会社になります。
Copyright © Estate Servics All Rights Reserved.